세계 동화

チーズの行方(ゆくえ)

치즈의 행방

 むかしむかし、イギリスのゴタムという(むら)に、(すこ)()わった(ひと)たちが()んでいました。 옛날 영국의 고탐이라는 마을로 조금 특이한 사람들이 있었습니다.
ある()(こと)、ゴタム(むら)(いち)(にん)(おとこ)が、(となり)(まち)へチーズを()りに()きました。 어느 날 고탐마을의 한 남자가 옆동네에 치즈를 사러 갔습니다.
(おとこ)(おか)(うえ)()(とき)(ふくろ)(なか)のチーズが(ひと)(ころ)がり()て、そのままコロコロコロコロと、(ぎゃく)(した)へと(ころ)がって()きました。 남자가 언덕 위에 왔을 때, 봉투안의 치즈가 하나 굴러 나와, 그대로 콜록콜록 하고, 역아래로 굴러 갔습니다.
「あっ、こら。()まれ!」 "앗, 이봐. 멈춰라!"
(おとこ)怒鳴(どな)りましたが、もちろんチーズは()まらないで(ころ)がって()きます。 남자는 고함치긴 했지만 물론 치즈는 멈추지 않고 굴러가요.
「ふむふむ、それにしても、なかなか上手(じょうず)(ころ)がって()くなあ」 "후무후우, 그건 그렇고, 꽤 잘 굴러가네"
(おとこ)感心(かんしん)して、こう(おも)いました。 남자는 감탄해서 이렇게 생각했습니다.
「あれならきっと、わしよりも(はや)(いち)(にん)(まち)市場(しじょう)まで(ころ)がって()くだろう。・・・そうだ、()のチーズたちも一緒(いっしょ)に、(さき)市場(しじょう)()かせよう」 "저거면, 나보다도 빨리 혼자서 마을시장까지 굴러갈 거야.그래, 다른 치즈들도 같이 먼저 시장에 보내자"
そして(おとこ)()っていた(ふくろ)(なか)のチーズを、全部(ぜんぶ)坂道(さかみち)(ころ)がしました。 그리고 남자는 갖고 있던 주머니 속의 치즈를 전부 언덕길로 옮겼어요.
するとチーズはコロコロコロコロと、(みち)ばたのやぶの(なか)(ころ)がり()んで()えなくなりました。 그러자 치즈는 울퉁불퉁하고, 길가의 덤불 속에 굴러들어와 보이지 않게 되었습니다.
荷物(にもつ)がなくなって身軽(みがる)になった(おとこ)は、てくてく(ある)いて(まち)市場(しじょう)へやって()ました。 짐이 없어져 홀가분한 남자는 큰 걸음으로 걸어서 마을시장에 왔습니다.
ところがそこには、チーズはまだ(ひと)つも()ていません。 그런데 거기에는 치즈는 아직 하나도 안 왔어요.
「おかしいな。(すこ)し、(おく)れて()るのだろうか?」 이상하네.조금 늦게 올까?
(おとこ)市場(しじょう)のイスに(こし)をかけて、チーズが()るのを()っていました。 남자는 시장 의자에 걸터앉아 치즈가 오기를 기다리고 있었어요.
でも、いくら()っても、チーズはやって()ません。 하지만 아무리 기다려도 치즈는 오지 않아요.
そのうちに市場(しじょう)()わる時間(じかん)になったので、(おとこ)(まわ)りの(ひと)たちに(たず)ねてみました。 그러는 동안 시장이 끝날 시간이 되었기에 남자는 주위 사람들에게 물어봤어요.
「あの、わしのチーズがここへやって()(こと)になってるんだが、(だれ)()かけなかったかね?」 "저, 내 치즈가 여기에 오기로 되어 있는데, 누가 보지 않았나요?"
「さあ? ()らないねえ。ところでそのチーズは、(だれ)()って()るんだい?」 "글쎄? 모르겠네. 그런데 그 치즈는 누가 가져와?"
「いや、(だれ)かではなく、チーズは自分(じぶん)でやって()るんだよ。 아니, 누가 아니라 치즈는 직접 와.
(ぎゃく)をコロコロコロコロ、うまく(ころ)がってね。 반대로 뒤집혀라, 잘 굴려라.
だが、どこかで道草(みちくさ)(みちくさ)をくっているんだろうか? (하지만, 어디선가 길초를 치고 있는 것일까?)
それとも、あんまり(はや)(はし)ったからこの市場(しじょう)(はし)()けて、(つぎ)(まち)まで()ってしまったのかな? 아니면 너무 빨리 달려서 이 시장을 빠져나가 다음 마을까지 가버린건가?
そうだ、きっとそうに(ちが)いない」 맞다, 분명히 그렇겠지.
(おとこ)はさっそくウマを()りると、(つぎ)(まち)までチーズを()いかけて()きました。 남자는 곧바로 말을 빌리자 다음 마을까지 치즈를 쫓아갔어요.
しかし(つぎ)(まち)でも、チーズの姿(すがた)はありませんでした。 하지만 다음 마을에서도 치즈의 모습은 없었습니다.
チーズは(いま)も、行方(ゆくえ)不明(ふめい)(ゆくえふめい)のままだそうです。

おしまい

치즈는 지금도, 행방불명인 채라고 합니다.끝

원본 : http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/../01/14.htm