(とお)せんぼう

지나다님

 むかしむかし、イギリスのゴタムという(むら)に、(すこ)()わった(ひと)たちが()んでいました。 옛날 옛적 영국 고탐이라는 마을에 특이한 사람들이 있었습니다.
ある()(こと)(はし)(うえ)()(にん)(おとこ)がバッタリと出会(であ)いました。 하루는 다리 위에서 두 남자가 딱 마주쳤습니다.
「こんにちは。あなたはどこへ()かけるのかね?」 "안녕, 너는 어디로 가니?"
(いち)(にん)(たず)ねると、 한 사람이 물으면,
「この(さき)(むら)に、ヒツジを(じゅう)(とう)()いに()くのだよ」 "이 앞마을에 진달래 열두 마리 사러 가는 거야."
と、相手(あいて)(おとこ)(こた)えました。 라고 상대 남자가 대답했습니다.
「ふうん、ヒツジを()った(かえ)りは、どこの(みち)(とお)るの?」 "음, 진달래 산 귀로는 어느 길을 지나가니?"
「もちろん、この(みち)さ」 "물론, 이 길이야."
すると(おとこ)は、(きゅう)(おこ)った(よう)()いました。 그러자 남자는 갑자기 화를 낸 것처럼 말했습니다
「では、この(はし)(とお)るのだな。それは駄目(だめ)だ。この(はし)にヒツジを()れて(きた)られては、(かえ)りにおれが(とお)邪魔(じゃま)になる。そんな(こと)(ゆる)さないぞ!」 그럼 이 다리를 지나는구나.그건 안돼. 이 다리로 진달래와 함께 와서는, 집에 가서 내가 지나는 방해가 된다.그런 일은 용서하지 않을 거야!
(なに)! この(はし)はお(まえ)だけの(もの)ではないぞ。おれはきっと、ヒツジを()れてこの(はし)(とお)ってやる!」 뭐야! 이 다리는 너만의 것이 아니야.나는 반드시 진달래를 데리고 이 다리를 통해 주마!
「いや、(とお)らせるものか!」 "아니, 지나갈 수 있나!"
「いや、(とお)ってみせる!」 "아니, 지나가게 해!"
「いいや、絶対(ぜったい)(とお)らせるものか!」 "아니, 꼭 다닐 수 있을까!"
「やかましい! (しず)かにしろ! お(まえ)がそんな大声(おおごえ)怒鳴(どな)ったら、おれのヒツジたちがビックリして(はし)()すりを()()えて(かわ)()ちてしまうぞ!」 시끄럽다! 조용히 해라! 네가 그런 큰소리로 고함치니, 내 팔꿈치들이 놀라 다리 난간을 뛰어넘어 강으로 떨어져 나가버린다!
「そんな(こと)、おれの()った(こと)じゃない!」 "그런 건, 내가 알 바 아냐!"
馬鹿(ばか)いえ、おれの大事(だいじ)なヒツジだぞ!」 "바보야, 내 소중한 팔꿈치야!"
(なに)()っても、ここは(わた)らせない!」 "뭐라 해도, 이곳은 건널 수 없다!"
「いいや! (わた)ってみせる!」 "이이이야! 건너서 보이겠어!"
()(にん)()(あらそ)っているところへ、()(むら)(ひと)がやって()ました。 둘이 다투고 있는데 다른 마을 사람들이 찾아왔습니다.
「おいおい、お(まえ)さんたち。なぜけんかをしているんだい?」 "이봐, 너희들. 왜 싸움을 하는 거야?"
「ああ、おれのヒツジたちを、(とお)さないというからだよ」 "아, 내 팔꿈치들을 통하지 않는다고 하잖아."
と、(いち)(にん)がけんかの(わけ)(はな)すと、 라고, 한사람이 싸움의 이유를 말하면,
「ふーん。それで、そのヒツジはどこにいるんだい?」 "음.그래서 그 진달래는 어디 있어?"
「へっ? ・・・」 "에?......"
「あっ、・・・」 아.
()(にん)(おとこ)は、ヒツジがまだいない(こと)()がつきました。 두 남자는 진달래가 아직 없다는 것을 깨달았어요.
(なん)だ、おれたちは、いないヒツジの(こと)でけんかしていたのか」 "뭐냐, 우리들은 없는 진달래 일로 싸우고 있었느냐?"
本当(ほんとう)だ。馬鹿馬鹿(ばかばか)しい」 "정말이야.바보여."
けんかを()めた()(にん)は、そのまま(はし)(わた)ってどこかへ()ってしまいました。

おしまい

싸움을 말리던 두 사람은 그냥 다리를 건너 어디론가 가버렸어요.끝

원본 : http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/../01/04.htm