세계 동화

ジャックとこん(ぼう)

잭과 곤봉

 むかしむかし、ある(ちい)さな小屋(こや)に、お(かあ)さんと(いち)(にん)息子(むすこ)のジャックが()んでいました。 옛날옛날 어느 작은 오두막에 어머니와 외아들 잭이 살고 있었습니다.
()(にん)(いえ)はひどく貧乏(びんぼう)だったので、税金(ぜいきん)(おさ)める(こと)出来(でき)ません。 두 집은 너무 가난해서 세금을 낼 수가 없어요.
そこでお(かあ)さんは、唯一(ゆいいつ)財産(ざいさん)である(さん)(とう)(うし)(ゆび)()して()いました。 그래서 어머니는 유일한 재산인 세 마리의 소를 가리키며 말했습니다.
「ジャックや、明日(あした)領主(りょうしゅ)税金(ぜいきん)()()てに()るから、税金(ぜいきん)(おさ)める(ため)に、()(さん)(とう)(うし)()ってきておくれ」 잭이나 내일은 영주가 세금을 받으러 올 테니, 세금을 내기 위해 시에서 소 세 마리를 팔아 줘.
そこで息子(むすこ)のジャックは、(さん)(とう)(うし)()れて()かけました。 거기서 아들 잭은 소 세 마리를 데리고 나갔어요.
しばらく()くと、ジャックは(いち)(にん)(おとこ)出会(であ)いました。 잠시 후에 잭은 한 남자를 만났어요.
(おとこ)(うし)()ると、ジャックに(たず)ねました。 남자는 소를 보니 잭에게 물었습니다.
「お(まえ)さん、(うし)()れて、どこへ()くのだね?」 "너야, 소를 데리고 어디로 가는 거지?"
「ああ、この(うし)を、()()りにいくところさ」 "아아, 이 소를 장보러 가는 길이야."
「そうかい。それなら、おれに()ってはくれまいか?」 "그래? 그러면 나한테 팔 수 없겠니?"
「いいけど、代金(だいきん)はちゃんとくれるの?」 "괜찮지만, 대금은 잘 주나요?"
「いや、代金(だいきん)はないが、お(まえ)さんの()(こと)(なに)でもきく、こん(ぼう)とオルゴールと、この(ちい)さなミツバチをあげよう」 "아니, 대금은 없지만, 네 말은 뭐든지 할 수 있는, 곤봉과 오르골로 이 작은 꿀벌을 주자"
(おとこ)はそういって、それぞれの使(つか)(かた)(おし)えました。 남자는 그렇게 말하고, 각각 사용법을 가르쳐 주었습니다.
こうしてジャックは(おとこ)(うし)をゆずり、(うし)代金(だいきん)として(みっ)つの(もの)()って(いえ)(かえ)りました。 이렇게 해서 잭은 남자에게 소를 흔들고, 소 값으로 세 물건을 가지고 집으로 돌아갔습니다.
「ただいま」 "다녀왔습니다."
「おかえり。それで、(うし)代金(だいきん)として、いくらもらってきたんだい?」 "안녕.그래서 소값으로 얼마를 받니?"
(かあ)さんがたずねると、ジャックは(みっ)つの(もの)をお(かあ)さんに()せました。 어머니가 물었더니 잭은 세 물건을 어머니께 보여드렸어요.
「お(かね)じゃないけど、この(みっ)つの(もの)をもらったよ」 "돈은 아니지만, 이 세가지 물건을 받았어"
それを()いたお(かあ)さんは、びっくりです。 그 말을 들은 어머니는 깜짝 놀라셨어요.
「お(まえ)は、(なに)という馬鹿(ばか)(こと)をしたの!」 "너는 뭐라는 바보같은 짓을 했어!"
(かあ)さんは、息子(むすこ)をひどくしかりました。 어머니는 아들을 심하게 꾸짖었어요.
そこでジャックは、代金(だいきん)()わりにもらったオルゴールをならしました。 그래서 잭은 대금 대신 받은 오르골을 고르게 했어요.
すると不思議(ふしぎ)(こと)に、お(かあ)さんは音楽(おんがく)にあわせて(おど)()したのです。 그러자 이상하게도 어머니는 음악에 맞춰 춤을 추기 시작했습니다.
「ジャック、やめておくれ、その音楽(おんがく)だけはやめておくれ、もう、お(まえ)をしからないから」 잭, 그만해 줘, 그 음악만 그만 둬, 이젠 널 안알아봐.
さて(つぎ)()領主(りょうしゅ)税金(ぜいきん)()りたてに()ました。 그런데 다음날, 영주가 세금을 받으러 왔습니다.
税金(ぜいきん)(はら)(こと)出来(でき)ないお(かあ)さんは、(こま)ってオロオロしています。 세금을 낼 수 없는 어머니는 곤란하다고 얼렁뚱땅 말씀하셨어요.
それを()たジャックは、こん(ぼう)(めい)じました。 그걸 본 잭은 곤봉에게 명령했어요.
()て、()て、こん(ぼう)領主(りょうしゅ)()て!」 쳐라, 때려라, 곤봉, 영주를 쳐라!
すると、こん(ぼう)領主(りょうしゅ)をめちゃめちゃに()ちのめし、(いえ)からたたき()してしまったのです。 그러자 곤봉은 영주를 마구 때려눕히고, 집에서 내동댕이쳐버리고 말았습니다.
それからしばらくしたある()、ジャックがお(かあ)さんにいいました。 그리고 얼마 후 어느 날 잭이 어머니에게 말했습니다.
「お(かあ)さん、ぼくはこれから幸運(こううん)(さが)しに()ってきます」 "엄마, 나는 이제 행운을 찾아갑니다."
ジャックは、こん(ぼう)とミツバチを()って(いえ)()ました。 잭은 곤봉과 꿀벌을 가지고 집을 나왔습니다.
オルゴールは、お(かあ)さんのところへおいていきました。 오르골은 어머니한테 놔뒀어요.
やがてジャックは、(おお)きな(しろ)()きました。 곧 잭은 큰 성에 도착했습니다.
ですがその(しろ)は、半分(はんぶん)しか出来(でき)ていません。 하지만 그 성은 반밖에 되지 않았습니다.
なぜなら、(しろ)をたてると、その(よる)のうちに(だれ)かに(こわ)されてしまうからです。 왜냐하면 성을 쌓으면 그 밤 중에 누군가가 부서지기 때문입니다.
そこで(おう)さまは、 거기서 왕은
(しろ)(こわ)(もの)()つけた(もの)には、ごほうびとして(ひめ)をあたえる》 《성을 부수는 사람을 발견한 사람에게는, 으스대어 공주를 준다(보살맞는다)
と、おふれを()しました。 하고 말을 꺼냈습니다.
それを()ったジャックは、(しろ)(こわ)(もの)()つけて、(ひめ)結婚(けっこん)しようと(かんが)えました。 그걸 알게 된 잭은 성을 깨는 사람을 발견하고 공주랑 결혼하려고 했어요.
そして、たくさんの(いし)をそばに(あつ)めると、へいの(うえ)()をふせて、(しろ)様子(ようす)をじーっと見守(みまも)りました。 그리고 많은 돌들을 곁에 모이자 배 위에 몸을 불리고 성의 모습을 지켜봤습니다.
真夜中(まよなか)になって時計(とけい)(じゅう)()()(かね)()らすと、()(にん)大男(おおおとこ)別々(べつべつ)(ほう)からやってきて、(しろ)両側(りょうがわ)(こわ)(はじ)めました。 한밤중에 시계가 12시 종이 울리자 두 남자가 다른 쪽에서 다가와 성 양쪽을 다치기 시작했습니다.
それを()たジャックは、そばにあった(いし)(いち)(にん)大男(おおおとこ)()げつけました。 그걸 본 잭은 옆에 있던 돌을 한 덩치 큰 남자에게 내던졌어요.
ゴツン! 고쯔!
「あいた! お(まえ)(なに)をするのだ!」 "만나! 너, 뭐하는거야!"
ジャックが()げたとは()らない大男(おおおとこ)が、もう(いち)(にん)大男(おおおとこ)文句(もんく)()いました。 잭이 던졌는지 모르는 남자가 또 한 남자에게 불평했어요.
「いいや、おれは(なに)もしないぞ」 "아니, 나는 아무것도 안 할 거야."
もう(いち)(にん)大男(おおおとこ)(こた)えました。 또 한 남자가 대답했어요.
ジャックはまた(いし)(ひろ)うと、もう(いち)(にん)大男(おおおとこ)()げつけました。 잭은 다시 돌을 주워 넣더니 다른 큰 남자에게 던졌습니다.
ゴツン! 고쯔!
(いし)(おとこ)背中(せなか)()たりました。 돌은 남자의 등에 맞았어요.
「あいた! こら、おれをなぐるのはやめろ」 "만나자!이봐, 나를 치려 하지 마."
(いし)()げられた大男(おおおとこ)は、もう(いち)(にん)大男(おおおとこ)()いました。 돌을 던진 남자는 또 다른 큰 남자에게 말했습니다.
「いいや、おれは(なに)もしていないぞ。お(まえ)は、なぜそんな(こと)をいうのだ?」 "아니, 나는 아무것도 안 했어.너는 왜 그런 말을 하는거야?
「お(まえ)がなぐるからだ!」 "네가 나니까!"
「おれは()らないぞ!」 "난 몰라!"
やがて、()(にん)(だい)げんかを(はじ)めました。 이윽고 두 사람은 큰 싸움을 시작했습니다.
そして()(にん)(なぐ)()ううちに、()(にん)とも()んでしまいました。 그리고 두사람은 다투다가 둘다 죽고 말았습니다.
ジャックは()んだ()(にん)(ちか)づくと、()(にん)大男(おおおとこ)(くび)をはねて、そのひとつを(おう)さまに()せるために()(かえ)りました。 잭은 죽은 두 남자에게 다가가면 두 남자의 목을 매고 그 하나를 임금님께 보여주기 위해 가져갔습니다.
(つぎ)(あさ)(はや)く、ジャックは(いそ)いで(しろ)()くと、(だれ)(しろ)(こわ)したのかを(おう)さまに()げて、 다음날 아침 일찍 잭은 성에 서둘러 가더니 누가 성을 망가뜨렸는지 왕에게 알려주고,
約束(やくそく)(どお)り、(ひめ)(くだ)さい」 약속대로 공주님을 주세요.
と、(おう)さまに()いました。 라고 임금님께 말했습니다.
でも(おう)さまは、こんな貧乏(びんぼう)(おとこ)(ひめ)をやるのが(いや)だったので、 하지만 왕은 이렇게 가난한 남자에게 공주를 하기 싫어서
「ジャックよ、(ひめ)をお(まえ)にやる(まえ)に、お(まえ)にしてもらわなければならない(こと)(みっ)つある。その(ひと)つは、(もり)()年取(としと)った魔女(まじょ)(つか)まえる(こと)だ」 잭이여, 공주를 너에게 하기 전에 네가 해야 할 일이 세 개 있다.그중 하나는 숲에 사는 나이든 마녀를 잡는 것이다.
と、()いました。 라고 말했습니다.
(つぎ)(あさ)、ジャックは(はや)くに()きると、(あな)()けるきりを()って(もり)()きました。 다음 날 아침 잭은 일찍 일어나자 구멍을 뚫어 숲으로 갔어요.
そしてジャックはきりで()(おお)きな(あな)()けて、そのそばで魔女(まじょ)()るのを()ちました。 그리고 잭은 끝에서 나무에 큰 구멍을 내고 그 옆에서 마녀가 오기를 기다렸어요.
まもなく、魔女(まじょ)がやってきました。 머지않아 마녀가 왔습니다.
魔女(まじょ)は、()(あな)()てびっくり。 마녀는 나무 구멍을 보고 깜짝 놀랐다.
「だれだい? こんな(あな)()けたのは」 "누구야? 이런 구멍을 낸 건?"
するとジャックが、魔女(まじょ)(まえ)()()して()いました。 그러자 잭이 마녀 앞에 뛰어나와 말했어요.
「それは、わたしがあなたの(ため)につくった、(うつく)しい(ちい)さな(いえ)(とびら)です。あなたはあの(ちい)さな(いえ)で、気持(きも)ちよく()らすことが出来(でき)ます。あそこでは(ゆき)にも、しもにもあわずにすごせます」 그것은 내가 당신을 위해 지은 아름다운 작은 집 문입니다.당신은 그 작은 집에서 기분좋게 살 수 있어요.거기서는 눈에도, 혹시라도 안 맞으면 보낼 수 있어요.
本当(ほんとう)かい?」 "정말이야?"
魔女(まじょ)はそれを()いて、()(あな)をじっと()つめました。 마녀는 그 말을 듣고 나무 구멍을 빤히 쳐다봤어요.
そのすきにジャックは魔女(まじょ)(かみ)()()(あな)(とお)して、()のまわりにしばりつけました。 그 틈에 잭은 마녀 머리카락을 나무 구멍에 꿰매고 나무 주위에 묶었어요.
こうしてジャックは魔女(まじょ)(つか)まえて、お(しろ)(はこ)ぶと(おう)さまに()(わた)しました。 이렇게 잭은 마녀를 잡아서 성으로 옮기면 임금님께 인도했어요.
「さて、ジャックよ、(つぎ)はイノシシを()らえて、(しろ)(はこ)んできてもらいたいのだ」 "자, 자크야, 다음엔 멧돼지를 잡아 성으로 옮겨오길 바래."
「そんな(こと)は、おやすいご(よう)です。明日(あした)、やってごらんにいれましょう」 그런 일은 쉬운 일입니다.내일 한 번 해 봅시다.
(つぎ)(あさ)(はや)く、ジャックは()(もの)()ってお(しろ)()ました。 다음날 아침 일찍 잭은 음식을 가지고 성을 나왔습니다.
ジャックは()(もの)()(した)におき、自分(じぶん)()(うえ)(のぼ)って姿(すがた)(かく)しました。 잭은 음식을 나무 밑에 놓고, 자신은 나무 위로 올라가서 모습을 감췄어요.
()には、(おお)きなロープを()っています。 손에는 큰 줄을 가지고 있어요.
やがてイノシシが、おいしそうなにおいをかぎつけて、()のところにやってきました。 이윽고 멧돼지가 맛있는 냄새를 맡고 나무에 찾아왔습니다.
それを()たジャックは、()っていたロープをイノシシの()()(はな)()()けて、(ちから)いっぱい()きしぼりました。 그걸 본 잭은 가지고 있던 로프를 멧돼지가 튀어나온 코에 걸터앉아 힘껏 당겼어요.
「よし、(つか)まえたぞ!」 "좋아, 붙잡았다!"
こうしてジャックは、見事(みごと)にイノシシを(つか)まえてお(しろ)()(かえ)りました。 이렇게 잭은 멋지게 멧돼지를 잡아 성으로 가지고 돌아갔습니다.
それを()った(おう)さまは、ジャックに()いました。 그것을 안 왕은 잭에게 말했습니다.
「お(まえ)にやってもらいたい(こと)がもう(ひと)つある。それは、お(まえ)にライオンの(あな)()りて()ってもらいたいのだ。そしてもし、お(まえ)がライオンに()べられなかったら、約束(やくそく)(どお)りお(まえ)(ひめ)をあげよう」 네가 원하는 게 또 있다.바로 네가 사자 구멍으로 내려갔으면 한다.그리고 만약 네가 사자가 못 먹었으면 약속대로 너에게 공주님을 주자.
そう()うと(おう)さまは家来(けらい)(めい)じて、ジャックをライオンの(あな)()()みました。 그러고 보니 왕은 신하에게 명하여 잭을 사자의 구멍에 던졌습니다.
しかし(あな)()()まれたジャックは、あわてる(こと)なく、()っていたこん(ぼう)()()して、 하지만 구멍에 던져진 잭은 당황하지 않고 갖고 있던 곤봉을 꺼내어
()て、()て、こん(ぼう)、ライオンを()て!」 쳐라, 쳐라, 곤봉, 사자를 쳐라!
と、(めい)じました。 하고 명령했습니다.
すると、こん(ぼう)はライオンたちを()ちのめしたのです。 그러자 몽둥이는 사자들을 때려 눕혔습니다.
それを()ていた(おう)さまは、びっくりです。 그것을 보고 있던 왕은 깜짝 놀랐습니다.
「なんと、ライオンを(たお)してしまったか。・・・しかし、(ひめ)をあんな貧乏人(びんぼうにん)にやるわけにはいかん」 "뭐야, 사자를 쓰러뜨렸지?"...그러나 공주를 저런 가난한 사람에게 할 수는 없지."
(おう)さまは家来(けらい)(めい)じて、ジャックを(あな)から()()げると、(ころ)すように(めい)じました。 왕은 신하에게 명하여 잭을 구멍으로 올리자 죽이도록 명령했습니다.
するとジャックは、ミツバチに(めい)じました。 그러자 잭은 꿀벌에게 명령했어요.
()せ、()せ、ミツバチ、(おう)さまたちを()せ!」 "살라, 찌르라, 꿀벌, 왕들을 꽂아라!
するとミツバチは、(おそ)ってきた家来(けらい)(おう)さまをメチャメチャに()したのです。 그러자 꿀벌은 덮친 신하들과 왕들을 차례로 찔렀습니다.
ミツバチに()されて全身(ぜんしん)()()にはらした(おう)さまは、(なみだ)(なが)して(たの)みました。 꿀벌에 쏘여 온몸을 새빨갛게 만든 임금님은 눈물을 흘리며 부탁했어요.
「どうか(たす)けてくれ、約束(やくそく)(どお)り、(ひめ)をやるから!」 제발 도와줘 약속대로 공주 줄께!
こうしてジャックは(ひめ)結婚(けっこん)して、(しあわ)せに()らしたのでした。

おしまい

이렇게 잭은 공주랑 결혼해서 행복하게 살았습니다.끝

원본 : http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/../10/25b.htm