ロバの王子(おうじ)

당나귀 왕자

 むかしむかし、どうしても()どもがうまれない、(おう)さまとおきさきがいました。 옛날옛날, 아무래도 아이가 태어나지 않는, 왕과 함께 일어나 버렸습니다.
おきさきは、その(こと)をなげいて、 오키사키는 그 일을 한탄하고
「わたしは、(なに)もはえない(はたけ)みたいなものだわ」 "나는, 아무것도 풀리지 않는 밭 같은 거야."
と、(くち)ぐせのように()っていました。 하고 입버릇처럼 말했습니다.
けれどそんなおきさきにも、ついに()どもがうまれました。 하지만 그런 큰 키에도 결국에는 아이가 태어 났습니다.
ところがそれは人間(にんげん)()どもではなくて、ロバの()だったのです。 그런데 그것은 인간의 자식이 아니라 당나귀의 아이였던 것입니다.
おきさきはなげき(かな)しんで、 오늘 아침은 유난히 슬퍼하고,
「ロバの()()まれるくらいなら、いっそ()どもなんかいない(ほう)がましよ。この()(かわ)()()んで、(さかな)(しょく)ベさせてください」 당나귀 아이가 태어나는 정도라면 차라리 아이 같은 건 없는 게 낫죠.이 아이는 강에 던져 물고기를 먹이세요.
と、()ったのです。 라고 말했습니다.
でも(おう)さまは、おきさきに()いました。 하지만 왕은 먼저 말했습니다.
「たとえ姿(すがた)はロバであっても、この()(かみ)さまがおさずけくださった()だ。 비록 모습은 당나귀지만 이 아이는 신이 주신 아이다.
わしの()つぎとして(そだ)て、わしが()んだあとは玉座(ぎょくざ)(ぎょくざ)について、(おう)のかんむりをいただくベきだ」 내 세상으로 키워, 내가 죽은 다음은 옥좌에 대해서, 왕의 감을 받을 때다"
こうしてロバの()は、この(くに)王子(おうじ)として(そだ)てられました。 이렇게 당나귀는 이 나라의 왕자로 자랐습니다.
このロバの王子(おうじ)はとっても(あか)るい()で、自分(じぶん)がロバであることをちっとも()にしていません。 이 당나귀의 왕자는 매우 밝은 아이로, 자신이 당나귀라는 것을 전혀 신경쓰지 않습니다.
また音楽(おんがく)大好(だいす)きで、有名(ゆうめい)楽師(がくし)(がくし)のところへ()くと、 또 음악을 너무 좋아해서 유명한 악사를 찾아가면,
「わたしを、あなたの弟子(でし)にしてください。あなたみたいにリュートがうまくひけるように、わたしに(おし)えてください」 나를 당신 제자로 만들어 주세요.당신처럼 류트가 잘 될 수 있도록 저한테 가르쳐 주세요.
と、()いました。 라고 말했습니다.
しかし楽師(がくし)は、 그러나 악사는,
「ざんねんながら、それは(むずか)しい(こと)でございましょう。 아쉽지만 어려운 일이죠.
あなたのお(ゆび)は、とうていリュートをひくようには出来(でき)ていません。 당신의 손가락은 도저히 생색을 낼 수 없습니다.
(おお)きすぎますし、とても()(げん)がもちますまい」 너무 크고, 현이 너무 많지 않아요.
と、()いましたが、ロバの王子(おうじ)はあきらめませんでした。 라고 했습니다만, 당나귀의 왕자는 포기하지 않았습니다.
「がんばります。毎日(まいにち)毎日(まいにち)がんばります。だからわたしに、リュートを(おし)えてください」 열심히 하겠습니다.매일 매일 힘냅니다.그러니까 나에게 루트를 가르쳐 주세요.
「・・・わかりました。では、お(おし)えしましょう」 알겠습니다.그럼 알려드리죠.
こうしてリュートを(なら)(こと)になった王子(おうじ)は、それはそれはいっしょうけんめいに練習(れんしゅう)して、ついに楽師(がくし)(おな)じぐらいうまくひけるようになったのです。 이렇게 류트를 배우게 된 왕자는, 그것은 열심히 연습해서, 마침내 악사와 같은 정도로 능숙하게 할 수 있게 되었습니다.

ある()、ロバの王子(おうじ)()(くに)()()きたいと(おも)いました。 어느날 당나귀의 왕자는 다른나라를 보러가고 싶다는 생각을 했습니다.
そこでロバの王子(おうじ)はリュートをかつぐと、あてもない(いち)(にん)(たび)()ました。 거기서 당나귀의 왕자는 류트를 맡으면 아깝고 홀로 여행을 떠났습니다.
やがてロバの王子(おうじ)は、(とし)()った(おう)さまのおさめる(くに)()きました。 마침내 당나귀의 왕자는 나이든 왕이 모시는 나라에 도착했습니다.
(とし)()った(おう)さまには、(わか)くて(うつく)しいお(ひめ)さまがいます。 나이든 왕에게는 젊고 아름다운 공주가 있습니다.
ロバの王子(おうじ)正門(せいもん)をたたいて、(おお)きな(こえ)()いました。 당나귀의 왕자는 정문을 두드려 큰소리로 말했습니다.
「お(きゃく)さまのお()きだぞ! (もん)()けろ!」 "고객의 도착이야! 문을 열어!"
でも、(もん)(ひら)きません。 하지만 문은 열리지 않아요.
そこで王子(おうじ)はリュートを()()すと、()(ほん)前足(まえあし)見事(みごと)にかきならしました。 거기서 왕자는 루트를 꺼내자, 두 개의 앞발로 멋지게 몸을 풀었습니다.
それを()いてビックリした門番(もんばん)は、(おう)さまのところヘ(はし)って()きました。 그 말을 듣고 깜짝 놀란 문지기들은 임금님께로 뛰어갔어요.
(もん)(まえ)にロバの()がおりまして、まるで名人(めいじん)のようにリュートをひいております」 문 앞에 당나귀 아이가 내려와 마치 명인 것처럼 생깁니다.
「そうか、ならばその楽人(がくじん)をここヘ(とお)せ」 "그래, 그럼 그 악인을 여기로 가라"
(おう)さまに()ばれて、ロバの王子(おうじ)(しろ)(なか)(はい)りました。 왕의 부름을 받고 당나귀 왕자는 성 안으로 들어갔습니다.
ロバの王子(おうじ)はみんなの(まえ)で、それは見事(みごと)にリュートをひきならしました。 당나귀의 왕자는 모두의 앞에서,그것은 보기 좋게 루트를 당겼습니다.
(おう)さまもお(ひめ)さまも家来(けらい)たちも、みんなロバの王子(おうじ)拍手(はくしゅ)をしました。 임금님도 공주님도 신하들도 모두 당나귀 왕자에 박수를 치셨습니다.
「いや、見事(みごと)腕前(うでまえ)であった。それほど見事(みごと)にリュートをひける(もの)は、この(くに)にはいない。さあ、わしらと一緒(いっしょ)食事(しょくじ)をしよう」 아니, 훌륭한 솜씨였다.그만큼 훌륭하게 루트를 치는 사람은 이 나라에는 없다.자, 왓와 함께 식사하자.
「はい、ありがとうございます」 네, 감사합니다.
こうしてロバの王子(おうじ)はみんなと食事(しょくじ)をすることになったのですが、ロバの王子(おうじ)食事(しょくじ)はおけに(はい)ったわら(そう)で、それも部屋(へや)のすみの(せき)だったのです。 이렇게 당나귀의 왕자는 모두 함께 식사를 하게 되었는데,당나귀의 왕자는 밥에 든 짚으로,그것도 방의 구석자리였습니다.
それを()ると、ロバの王子(おうじ)機嫌(きげん)(わる)くして()いました。 그걸 보니 당나귀 왕자는 기분이 안 좋아졌어요.
「ぼくは、高貴(こうき)()まれの(もの)だ。ぼくは、(おう)さまのおそばにすわるんだ」 나는 고귀한 태생이다.나는 임금님 곁에 앉는다.
ロバが()うと、(おう)さまは(わら)いながら上機嫌(じょうきげん)()いました。 당나귀가 말하자, 임금님은 웃으면서 신나게 말했습니다.
「よしよし、ではお(まえ)(のぞ)(どお)りにしてやろう。ロバや、わしのそばヘおいで」 "괜찮아, 그럼 네 소망대로 해주마.당나귀나 내 곁으로 오너라.
ロバがとなりに(すわ)ると、(おう)さまが()きました。 당나귀가 옆에 앉자 왕이 물었습니다.
「ロバや、わしの(むすめ)をどう(おも)うかな?」 "나, 내 딸아이를 어떻게 생각하나?"
ロバはお(ひめ)さまをジッと()つめると、すこし(かお)(あか)くして(こた)えました。 당나귀는 공주를 한번 쳐다보니 얼굴을 붉히며 대답했습니다
「これほど(うつく)しい(ほう)には、まだお()にかかったことがございません」 이렇게 아름다운 분은 아직 만나뵙지 못했습니다.
「そうか、では(ひめ)のそばヘすわるがよい」 "그런가, 그럼 공주 옆에 앉는 게 좋아."
「はい。それこそ、わたしにふさわしい(こと)でございます」 "네, 그것이야말로 저에게 어울리는 일입니다."
ロバはこう()ってお(ひめ)さまのそばにすわると、()されたごちそうをナイフとフォークで上手(じょうず)()べました。 당나귀는 이렇게 말하고 공주님 옆에 앉자, 나온 음식을 나이프와 포크로 잘 먹었습니다.
そのふるまいがとても上品(じょうひん)なので、(おう)さまはロバの王子(おうじ)をとても()()りました。 그 태도가 너무 고상해서 왕은 당나귀 왕자를 아주 좋아했어요.

ある()、ロバの王子(おうじ)は、 어느날 당나귀의 왕자는
(だまって(くに)()てきたから、みんな心配(しんぱい)しているだろうな。そろそろ、自分(じぶん)(くに)(かえ)らなくては) (다말고 나라를 나왔으니 다들 걱정하고 있겠지.)슬슬, 자기나라에 돌아가지 않으면안되
と、(かんが)えました。 라고 생각했습니다.
そして(かな)しそうに(あたま)()げると、(おう)さまに(かえ)りたいと()ったのです。 그리고 슬픈 듯 고개를 숙이자 왕으로 돌아가고 싶다고 했습니다.
けれども(おう)さまは、このロバがすっかり()きになっていたので、ロバを(かえ)したくはありませんでした。 하지만 왕은 이 당나귀를 무척 좋아했기 때문에 당나귀를 돌려주고 싶지는 않았습니다.
「ロバや、どうかいつまでも、わしのそばにいてくれないか? お(まえ)ののぞみの(もの)(なに)でもあげよう」 "나귀나, 제발 언제까지나 내 곁에 있어 줄래?" 네 모깃거리는 무엇이라도 주마"
その言葉(ことば)に、ロバの王子(おうじ)(おも)わず(かお)()げました。 그 말에 당나귀의 왕자는 나도 모르게 고개를 들게 했습니다.
ロバの王子(おうじ)は、お(ひめ)さまの(こと)()きだったのです。 당나귀의 왕자는 공주를 좋아했습니다.
(なに)でも、ですか?」 "무엇이라도요?"

「そうだ。お(まえ)は、金貨(きんか)がほしいのか?」 "그래.너는 금화를 원하니?"
「いいえ」 "아니."
「では、立派(りっぱ)道具(どうぐ)やかざりがほしいのか?」 "그럼, 훌륭한 도구와 멋을 원할까?"
「いいえ」 "아니."
「では、わしの(くに)をほしいのか?」 "그럼, 내 나라를 원할래?"
「いいえ、とんでもない(こと)"아니,천만에. "
「そうか。お(まえ)満足(まんぞく)させる(もの)が、なにかあるといいのだがな。・・・そうだ、わしの(むすめ)を、(よめ)にもらいたくはないか?」 "그래?너를 만족시키는게 뭐 있으면 좋겠는데...그래,내 딸을 며느리로 받고 싶진 않니?"
「はい、お(ひめ)さまをいただきとうぞんじます!」 "네, 공주님을 받아 믿습니다!"
こうして、それはすばらしい結婚式(けっこんしき)があげられました。 이렇게 하면 멋진 결혼식을 올릴 수 있었습니다.

やがて(よる)になると、()(にん)寝室(しんしつ)(はい)りました。 이윽고 밤이 되자 두 사람은 침실로 들어왔습니다.
ロバの王子(おうじ)は、ドアとかべの()(かみ)をはりました。 당나귀의 왕자는 문과 벽 사이에 종이를 꼈습니다.
(だれ)かがドアを()けたら、すぐに()かるようにです。 누군가 문을 열면 금방 알 것 같아요.
「あの、どうなされました?」 "저, 어떻게 됐어요?"
(ひめ)さまがたずねると、ロバの王子(おうじ)()いました。 공주가 찾아오자 당나귀의 왕자가 말했습니다.
(じつ)はわたしには、ひみつがあるのです。それをあなたにお()せしましょう」 "실은 저에겐 비밀이 있습니다.그걸 당신에게 보여 드리죠.
するとそこに(あらわ)れたのは、いかにも(うつく)しくて上品(じょうひん)人間(にんげん)若者(わかもの)でした。 그러자 그 자리에 나타난 것은 너무나 아름답고 점잖은 인간의 젊은이였습니다.
(じつ)はぼくは、(よる)にだけ人間(にんげん)になれるのです」 "사실 나는 밤에만 인간이 될 수 있습니다."
それを()たお(ひめ)さまは、(だい)(よろこ)びで王子(おうじ)にキスをしました。 그것을 본 공주는 매우 기뻐하여 왕자에게 키스를 했습니다.
しかし(つぎ)(あさ)になると、王子(おうじ)はまたロバの姿(すがた)でした。 하지만 다음 아침이 되자 왕자는 다시 당나귀의 모습을 하고 있었습니다.

その()のお(ひる)(おう)さまがお(ひめ)さまに()いました。 그날 점심은 왕이 공주님께 말했습니다
「お(まえ)はちゃんとした人間(にんげん)(おっと)にもたないで、さぞ、(かな)しんでいるのだろうね」 "너는 제대로 된 사람을 남편에게도 두지 않고, 바로, 슬퍼하고 있겠지"
するとお(ひめ)さまは、(くび)(よこ)()って()いました。 그러자 공주는 고개를 가로젓고 말했습니다.
「いいえ、お(ちち)さま。わたし、あの(ほう)世界一(せかいいち)(うつく)しい(ひと)のように(あい)していますわ。そうして、一生(いっしょう)つれそおうと(おも)っていますのよ」 아니요, 아버님.저, 그분을 세상에서 가장 아름다운 사람처럼 사랑해요.그리고 평생 같이 살려고 하는 거죠.
(おう)さまはこれを()いて、不思議(ふしぎ)(おも)いました。 임금님은 이것을 듣고 불가사의하게 생각했습니다.
「もしかしてあの王子(おうじ)には、(なに)かひみつがあるのだろうか?」 "혹시 저 왕자에게는, 뭔가 비밀이 있는 것일까?"
そこで(おう)さまは(よる)になると、こっそり(わか)夫婦(ふうふ)寝室(しんしつ)ヘしのびこみました。 거기서 왕은 밤이 되면, 몰래 젊은 부부의 침실로 몸을 기울였습니다.
ベットに(ちか)づいてみると、(つき)(ひかり)をあびて、いかにも立派(りっぱ)若者(わかもの)(ねむ)っているではありませんか。 침대에 다가가서 보면 달빛을 벗고 아주 멋진 젊은이들이 잠들어 있잖아요.
(そうか、そういう(こと)か) (그렇구나,그런건가)


(あさ)になると、王子(おうじ)はドアとかべの()にはった(かみ)()ました。 아침이 되자 왕자는 문과 벽 사이에 끼인 종이를 보았습니다.
すると(かみ)(やぶ)れています。 그러자 종이가 찢어져 있어요.
「しまった。お(ひめ)さま以外(いがい)(だれ)かにひみつを()られた!」 아차.공주 이외의 누군가에게 비밀을 받았다!
王子(おうじ)は、しょんぼりして()いました。 왕자는 풀이 죽어 말했습니다.
(かな)しいけれど、もうこの(くに)にはいられない」 "슬프지만, 이제 이 나라에는 있을 수 없다"
王子(おうじ)()()そうと部屋(へや)()ると、部屋(へや)(そと)(おう)さまが()っていました。 왕자가 도망치려고 방을 나서자 방 밖에 왕이 서 있었습니다.
息子(むすこ)や、そんなに(いそ)いで、どこヘ()くのだ?」 "아들이야,그렇게 서둘러 어디 가니?"
(おう)さま、わたしは昼間(ひるま)はロバで、(よる)人間(にんげん)(へん)()(もの)です」 임금님, 나는 낮에는 당나귀고, 밤에는 인간의 이상한 생물입니다.
「それがどうしたと()うのだ? お(まえ)はわしの大切(たいせつ)息子(むすこ)だ。わしはこれからお(まえ)(くに)半分(はんぶん)をやろう。そしてわしが()んだら、全部(ぜんぶ)()()ぐのだ」 그게 무슨 짓이냐? 너는 나의 소중한 아들이다.나는 이제부터 너에게 나라의 절반을 주마.그리고 내가 죽으면 모든 것을 이어받는 것이다.
そこで(とし)()った(おう)さまは、王子(おうじ)(くに)半分(はんぶん)をやりました。 거기서 나이든 왕은 왕자에게 나라의 절반을 했습니다.
それから(いち)(ねん)すると、(とし)()った(おう)さまがなくなったので、この(くに)全部(ぜんぶ)王子(おうじ)がおさめることになりました。 그로부터 1년 후, 나이 든 왕이 사라졌기 때문에 이 나라는 모두 왕자가 거두게 되었습니다.
やがて自分(じぶん)(くに)(おう)さまもなくなって、ロバの王子(おうじ)(ふた)つの(くに)(おさ)める(おう)さまになったということです。

おしまい

이윽고 자신의 나라의 왕도 사라져, 당나귀의 왕자는 두 나라를 다스리는 왕이 되었다고 합니다.끝

원본 : http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/../10/23.htm