세계 동화
なわ(いち)(ほん)大金持(おおがねも)ちに
원본 : http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/../10/12a.htm

なわ(いち)(ほん)大金持(おおがねも)ちに

새끼 하나 하나로 큰 부자로

 むかしむかし、ある(おお)きな(みずうみ)のそばに、(まず)しいお百姓(ひゃくしょう)さんが(さん)(にん)息子(むすこ)()んでいました。 옛날옛날 어느 커다란 호수 옆에 가난한 백성이 세 아들과 함께 살고 있었습니다.
そのお百姓(ひゃくしょう)さんが病気(びょうき)()んだので、のこった財産(ざいさん)(さん)(にん)でわける(こと)になりました。 그 농민이 병으로 죽었기 때문에, 남은 재산을 셋이서 나누게 되었습니다.
一番(いちばん)(じょう)息子(むすこ)は、 첫째 아들은
「おれは、(いえ)をもらうよ」 "난 집 좀 받을 거야. "
と、さっさと(いえ)をとってしまいました。 하고 재빨리 집을 빼앗아 버렸습니다.
「それならおれは、(いえ)(なか)(もの)をもらうよ」 "그럼 나는 집에 있는 물건을 받을 거야."
()番目(ばんめ)息子(むすこ)は、家具(かぐ)道具(どうぐ)全部(ぜんぶ)とりました。 둘째 아들은 가구와 도구를 모두 땄어요.
「ぼくは、(なに)をもらえるの?」 "나는, 무엇을 받을 수 있는 거야?"
一番(いちばん)()のぺールが()うと、(にい)さんたちはわらって()いました。 제일 아래 페일이 말하자 오빠들은 웃어 말했습니다.
()らないよ。そこらをさがせば、(なに)()つかるだろう」 "몰라. 그들을 찾으면, 뭔가 찾을 수 있을 거야."
しかし、たいした(もの)(なに)もありません。 하지만 별거 아닙니다.
あるのは、(にわ)()ちていたなわが(いち)たばぐらいです。 있는 것은, 정원에 떨어져 있던 새끼줄들이 수북합니다.
「なわか。・・・でもこれだって、(なに)(やく)()つさ。じゃあ(にい)さんたち、さようなら」 "줄까?...그래도 이것도 뭔가 도움이 되지.그럼 오빠들, 안녕히계세요.
ぺールはなわを()って、(いえ)()()きました。 페일은 새끼줄을 가지고 집을 나갔어요.

(みずうみ)のほとりまでやって()たペールは、なわを()ながら(かんが)えました。 호수까지 온 페일은 새끼줄을 보면서 생각했습니다.
「このなわだけで、どうやって()らそうか?」 이 새끼줄만으로 어떻게 살지?
すると(ちか)くの()(えだ)に、リスがやってきました。 그러자 근처 나뭇가지에 리스가 찾아왔습니다.
「そうだ、なわで動物(どうぶつ)(つか)まえよう。動物(どうぶつ)(かわ)()って、お(かね)をもうけるんだ」 맞다, 새끼줄로 동물을 잡자.동물 가죽을 팔아서 돈 버는 거야.
ペールはなわでワナをつくると、リスを(つか)まえました。 페일은 새끼줄로 덫을 만들자, 리스를 잡았어요.
「よし、こいつを(ころ)して、(かわ)をはいで・・・。だめだ」 좋아요, 이 녀석을 죽이고, 가죽을 벗기고.안 돼.
ペールには、かわいいリスを(ころ)()にはなれません。 펠은 귀여운 리스를 죽일 엄두가 안나요.
そこでペールは()(えだ)でかごを(つく)って、(なか)にリスを()れました。 그래서 페일은 나뭇가지로 바구니를 만들고 안에 리스를 넣었습니다.
今度(こんど)は、(くさ)むらからウサギが()()してきました。 이번에는 풀숲에서 토끼가 튀어나왔어요.
「よし、こいつも(つか)まえてやろう」 "그래, 이 녀석도 잡아줄게"
ペールはなわで、ウサギも(つか)まえました。 페일은 새끼줄이고 토끼도 잡았습니다.
このウサギも、かごの(なか)()れました。 이 토끼도 바구니 안에 들어갔습니다.
「もう、獲物(えもの)はいないかな?」 "이제 사냥은 없을까?"
ペールが(さが)していると、岸辺(きしべ)のやぶの(なか)から、 페일이 찾고 있으면, 물가에서
ズシン、ズシン! 즈신,즈신!
と、(おお)きな足音(あしおと)()こえてきました。 하고 큰 발소리가 들려왔습니다.
(おこな)ってみると、それは(おお)きなクマです。 가보면, 그건 큰 곰이에요.
クマは(ちか)くのほらあなにもぐりこんで、いねむりをはじめました。 곰은 가까이의 광택에도 들어가, 벼락을 시작했습니다.
「よし、あのクマも(つか)まえよう。でも、それには丈夫(じょうぶ)なつながいるぞ」 "그래, 저 곰도 잡아보자. 하지만 거기에는 튼튼한 연결돼 있을 거야."
ペールはなわをより()わせて、(ふと)いつなを(つく)りました。 페일은 새끼줄을 더 맞대고 굵은 새끼를 만들었어요.
ちょうどその(とき)(みずうみ)()んでいる妖怪(ようかい)のネックが、(みず)から(あたま)()してぺールを()つけました。 때마침 호수에 사는 요괴의 장애가 물에서 머리를 빼서 페일을 발견했어요.
ネックはペールの様子(ようす)を、じっと()ています。 넥은 페일의 모습을 가만히 보고 있어요.
「あの(なが)いつなを、(なに)使(つか)うのだろう?」 "그 길쭉한 것을, 무엇에 사용하는 것일까?"
ネックはすみかにもどると、息子(むすこ)()いました。 넥은 먼 곳으로 돌아오겠다고 아들에게 말했습니다.
息子(むすこ)よ、岸辺(きしべ)にいるやつが(なに)をしているのか、()いてこい」 "아들이여, 물가에서 무슨 짓을 하고 있는지 물어와라."
そこで息子(むすこ)水面(すいめん)にあがると、ペールに(こえ)をかけました。 거기서 아들은 수면 위로 올라오자 페일에게 말을 걸었어요.
「おい、(なに)をしてるんだい?」 "어이,뭐하는 거야?"
(こえ)をかけられたペールが()(かえ)ると、そこには妖怪(ようかい)()どもが()っています。 말을 걸었던 페일이 뒤돌아보니, 거기에는 요괴의 아이가 서 있습니다.
(ははあーん、こいつは妖怪(ようかい)ネックの()どもだな。それなら用心(ようじん)しないとな) (하하하~ 이녀석은 요괴목의 아이로구나.)그렇다면 조심해야지. 라는 뜻입니다.
ネックは人間(にんげん)(みずうみ)()きずり()妖怪(ようかい)なので、うかつに返事(へんじ)をすると大変(たいへん)(こと)になります。 넥은 인간을 호수에 끌어들이는 요괴여서 섣불리 답장을 하면 큰일나요.
ちょっと(かんが)えたペールは、ネックの()どもに()いました。 잠시 생각한 페일은, 넥의 아이에게 말했습니다.
「この(みずうみ)をしばる、丈夫(じょうぶ)なつなを(つく)っているのさ」 "이 호수를 감싸는, 튼튼한 참치를 만들고 있어"
「えっ! (みずうみ)をしばるの?」 "엣! 호수를 감싸는 거야?"
「そうさ。もうすぐ完成(かんせい)するよ」 "그래, 곧 완성될 거야."
おどろいたネックの()どもは、いそいで(とう)さんネックに()らせました。 놀라는 넥의 아이들은 서둘러 아버지 넥에게 알렸습니다.
「そいつは大変(たいへん)だ。お(まえ)、もう一度(いちど)()って、あいつを()(のぼ)競争(きょうそう)にさそえ。そしてあいつが(つか)れたところを、(みず)(なか)()きずり()むんだ」 "그건 큰일이야.너 다시 가서 그 녀석을 나무 오르기 경쟁에 집어넣어. 그리고 그놈이 피곤한 곳을 물속으로 끌어넣어.
「うん、わかった」 "응, 알았어."
ネックの()どもはぺールのところへ()くと、(ちか)くの()(ゆび)さして()いました。 넥의 아이는 페일 쪽으로 간다고 근처 나무를 가리키며 말했습니다.
「おいらと、()(のぼ)競争(きょうそう)をしないか?」 "어서와 나무 오르기 경쟁을 하지 않을래?"
「うーん、(いま)仕事(しごと)(ちゅう)でいそがしいから、かわりに(ちい)さい(おとうと)でいいかい?」 "응, 지금은 일때문에 바쁘니까, 대신에 작은 남동생으로 괜찮아?"
「いいとも」 "좋아요. "
するとぺールは、(つか)まえていたリスに()いました。 그러자 펠은 잡혔던 리스에게 말했습니다.
「おい、(ちい)さい(おとうと)。ぼくの()わりに、()(のぼ)競争(きょうそう)をしておくれよ。じゃあ、よーい、ドン!」 야, 어린 동생.나 대신 나무타령 경쟁을 해 줘. 자, 좋아, 돈!
ペールが()(はな)すと、リスはあっという()()のてっぺんまでかけ(のぼ)りました。 페일이 손을 놓자, 리스는 눈 깜짝할 사이에 나무 꼭대기까지 뛰어 올랐어요.
ネックの()どももがんばったのですが、リスの()ちです。 넥의 아이도 힘냈습니다만, 리스의 승리입니다.
()けたネックの()どもがしょんぼり(みずうみ)(かえ)ると、(とう)さんネックが()いました。 진 넥의 아이가 풀이 죽어 호수에 돌아오겠다고 아버지 넥이 말했습니다.
今度(こんど)は、かけっこで勝負(しょうぶ)だ。あいつが(つか)れたところを、(みず)(なか)()きずり()め!」 이번엔 승부다.그 녀석이 피곤한 걸 물속으로 끌어당겨라!
「うん、わかった」 "응, 알았어."
ネックの()どもはペールの(ところ)()くと、(もり)広場(ひろば)をさして()いました。 넥의 아이는 페루에 간다고 숲의 광장을 가리켰어요.
今度(こんど)は、かけっこをしよう」 이번에는 달리기를 하자.
「うーん、(いま)仕事(しごと)(ちゅう)だから、かわりに(なか)くらいの(おとうと)でもいいかい?」 "음, 지금은 일하는 중이니까, 대신에 중간쯤의 남동생이라도 괜찮아?"
「いいとも」 "좋아요. "
ぺールはつかまえていたウサギに、(みみ)うちをしました。 펠은 붙잡고 있던 토끼에게 귀띔을 했습니다.
「いいかい、()がしてやるから、つかまらないように一生懸命(いっしょうけんめい)(はし)れよ。よーい、ドン!」 "괜찮아, 놓칠 테니까, 잡히지 않도록 열심히 달려라. 어이, 꽝!"
はなされたウサギは、すごいスピードで(はし)っていきました。 날갯짓을 한 토끼는 무서운 속도로 달려갔습니다.
ペールの()どももがんばったのですが、とてもウサギには()てません。 페루 아이도 힘냈는데, 토끼는 도저히 이길 수 없어요.
(とう)ちゃん、また()けちゃったよ」 "아빠, 또 져버렸네"
(なに)! また、()けたか。うーん、それなら今度(こんど)は、すもうで勝負(しょうぶ)だ。あいつを()(たお)して、そのまま(みず)(なか)()きずり()め!」 뭐! 또 졌나.음, 그렇다면 이번에는 이미 승부다.저놈을 때려 넘어뜨리고 그냥 물속으로 끌어당겨라!
「うん、わかった」 "응, 알았어."
ネックの()どもはペールの(ところ)()くと、()いました。 넥의 아이는 페루에 간다고 말했습니다.
「ねえ、もう(いち)(かい)だけ。今度(こんど)はすもうで勝負(しょうぶ)だ」 네, 한 번만 더.이번엔 이미 승부다.
「うーん、(いま)仕事(しごと)(ちゅう)だから、かわりにぼくのおじいさんでもいいかい」 "음, 지금은 일중이니까, 대신에 내 할아버지라도 괜찮아?"
「いいとも」 "좋아요. "
「おじいさんなら、ほら、あそこで()ているよ。もし()きなかったら、お(しり)をけり()ばしてもいいから」 "할아버지라면, 이봐, 저기서 자고 있어.못 일어나면 엉덩이를 걷어차도 돼요.
ネックの()どもはほらあなに()くと、()ているクマに()いました。 넥의 아이는 허풍쟁이에 가면 자고 있는 곰에게 말했습니다.
「ねえ、すもうをしようよ」 "네,자,자꾸자꾸를 하자."
しかしいくら()んでも、クマは()きません。 하지만 아무리 불러도 곰은 일어나지 않아요.
そこでネックの()どもはクマのお(しり)を、(おも)いっきりけり()ばしました。 거기서 넥의 아이는 곰의 엉덩이를, 힘껏 잡아 넘겼습니다.
するとクマは(おこ)って、ネックの()どもを(みずうみ)()()ばしました。 그러자 곰은 화가 나서, 애기 어린 아이를 호수에 내던졌어요.
()()ばされたネックの()どもは、()きながら(とう)さんネックに()いました。 내던진 애들은 울면서 아빠 넥에게 말했어요.
「あーん、(とう)ちゃん、もうだめだよ。あの()(ちい)さい(おとうと)や、年寄(としよ)りのおじいさんにも()けるんだ。これならあの()(なに)やっても、絶対(ぜったい)()てないよ」 어휴, 아빠 이제 안 돼요.그 아이의 작은 남동생이나, 노인의 할아버지에게도 질 거야.이것이라면 저 애랑 무슨 짓을 해도 절대 이길 수 없어.
「そうか。それじゃ、どうしたら(みずうみ)をしばらないでくれるか、ていねいに()いてこい」 "그래? 그럼,어떻게 하면 호수를 잡아주지 않을지 정중하게 물어와라"
「うん、わかった」 "응, 알았어."
ネックの()どもはおそるおそる、ぺールのところへ()きました。 넥의 아이는 늦어져, 페루에 갔습니다.
「おや? また()たな。まだ(なに)かやる()かい?」 어? 또 왔네.아직도 뭐 할 생각이니?
「いいえ、今度(こんど)はちがいます。・・・あの、どうしたら(みずうみ)をしばらないでくれるか、()きに()たのです」 "아니요, 이번에는 틀려요. 저, 어찌하면 호수를 막아 줄지, 물어보러 온 거예요."
「そうか。じゃあ、このぼうしにいっぱいの金貨(きんか)をくれたら、そっとしといてあげるよ」 "그래? 그럼 이 모자에게 금화를 한 잔 주면 조용히 해 줄게."
「ぼうしにいっぱいの金貨(きんか)ですね」 모자에 가득 찬 금화네요.
ネックの()どもはさっそく、金貨(きんか)()りに(かえ)っていきました。 넥의 아이는 즉시, 금화를 가지러 돌아갔습니다.
「よし、いまのうちに」 "그래, 지금 안에"
ぺールは(いそ)いで、地面(じめん)(ふか)(あな)をほりました。 페일은 서둘러 땅바닥에 깊은 구멍을 냈어요.
それからぼうしに(おお)きな(あな)()けて、地面(じめん)(あな)(うえ)におきました。 그러고 나서 보자기에 큰 구멍을 뚫어, 바닥의 구멍 위에 놓았습니다.

しばらくすると、ネックの()どもが金貨(きんか)(はい)った(ふくろ)()ってきました。 잠시 후, 넥 아이가 금화가 든 봉지를 가져왔습니다.
「では、ぼうしに金貨(きんか)()れますね」 그럼 모친에게 금화를 넣을게요.
チャリーン、チャリーン、チャリーン、チャリーン・・・。 채린, 챠린, 챠린, 챠린....
ネックの()どもがぼうしに金貨(きんか)()れますが、いくら金貨(きんか)()れてもぼうしはいっぱいになりません。 넥의 아이가 몰래 금화를 넣지만, 아무리 금화를 넣어도 모자가 가득 차지 않아요.
「おかしいな、金貨(きんか)()りないぞ」 "이상하네, 금화가 모자란다"
ネックの()は、金貨(きんか)(ふくろ)()りにもどりました。 넥의 아이는 금화 봉지를 가지러 돌아갔습니다.
そして(なん)(かい)(なん)(かい)もぼうしの(なか)金貨(きんか)()れましたが、ぼうしはいっぱいになりません。 그리고 몇번이고 모자 안에 금화를 넣었는데 모자가 꽉 찼습니다.
とうとうネックの()どもは、()きながら()いました。 마침내 넥의 아이는 울면서 말했습니다.
「もう、これでかんべんしてよ。金貨(きんか)これでおしまいなんだ」 "이제, 이걸로 괜찮아.금화 이것으로 끝장이야.
「そうか。じゃあ、かんべんしてやろう」 "그래? 그럼,편심해보자"
こうしてたくさんの金貨(きんか)()()れたぺールは、(いえ)(かえ)りました。 이렇게 많은 금화를 손에 넣은 페일은, 집에 돌아왔습니다.
ペールの()っている金貨(きんか)()て、()(にん)(にい)さんはびっくりです。 페일이 들고 있는 금화를 보고 두 오빠는 놀라워요.
「お(まえ)、どうやってこんな大金(たいきん)を、()()れたんだい?」 "너, 어떻게 이렇게 많은 돈을 손에 넣었느냐?"
ぺールは、すまして(こた)えました。 페일은 말없이 대답했습니다.
「このなわでリスやウサギを(つか)まえて、それから(みずうみ)()ったんだ。それでこの金貨(きんか)()()れたんだ」 이 새끼줄로 다람쥐와 토끼를 잡은 뒤 호수로 갔지.그래서 이 금화를 구했어.
「ええっ! たったそれだけで!?」 "에엣! 단지 그것만으로!"
「うん、そうだよ」 "응, 그래."
「たのむ! そのなわをくれ! (いえ)家具(かぐ)全部(ぜんぶ)(まえ)にやるから」 "부탁해! 그 새끼를 줘! 집이나 가구는 전부 너에게 줄게"
「いいよ」 "괜찮아요. "
(にい)さんたちはペールからなわを()()ると、(よろこ)んで()かけて()き、二度(にど)(かえ)ってはきませんでした。 형님들은 페일로부터 새끼줄을 받으면 기꺼이 나가서 다시는 돌아가지 않았습니다.

さて、こうして(いえ)家具(かぐ)大金(たいきん)()()れたぺールは、可愛(かわい)いお(よめ)さんをもらって(しあわ)せに(くら)したということです。

おしまい

그리고 이렇게 집과 가구와 큰돈을 손에 넣은 페일은 귀여운 며느리를 받아 행복하게 살았다는 것입니다.끝

원본 : http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/../10/12a.htm