세계 동화
不思議(ふしぎ)()(にん)小人(こども)
원본 : http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/../sonota/110.html

不思議(ふしぎ)()(にん)小人(こども)

이상한 다섯 명의 소인

 むかしむかし、ある(ちい)さな(むら)に、グリーシという若者(わかもの)()んでいました。 옛날옛날 어느 작은 마을에 그리시라는 젊은이가 살고 있었습니다.
グリーシは、いつも(とお)くへ(たび)がしたいと(おも)っていました。 그리시는 항상 멀리 떠나고 싶었습니다.
グリーシが(むら)はずれの(ふる)いとりでの(うえ)で、ぼんやり(うみ)()こうをながめていると、とりでの(なか)から(わら)(ごえ)()こえてきました。 그리시가 촌을 벗어난 낡은 집 위에서 멍하니 바다 저편을 바라보니, 겉에서 웃음소리가 들렸습니다.
((なに)だろう?) (뭐지?)
のぞいて()ると、たくさんの小人(こども)たちがいました。 들여다보니 많은 소인들이 있었습니다.
親分(おやぶん)らしい小人(こども)が、(こえ)()()げます。 두목스러운 소인이 소리를 질러요.
「おれの(うま)! おれのたづな! おれのくら!」 "나의 말! 나의 새끼야!"
すると小人(こども)(まえ)に、(うま)(あらわ)れたのです。 그러자 소인 앞에 말이 나타났습니다.
(すごい、魔法(まほう)言葉(ことば)だ) (대단하다, 마법의 말이다)
グリーシも、さっそくまねてみました。 그리시도 당장 따라잡았습니다.
「おれの(うま)! おれのたづな! おれのくら!」 "나의 말! 나의 새끼야!"
するとやっぱり、(うま)(あらわ)れました。 그랬더니 역시 말이 나타났습니다.
「こいつは、おもしろい」 "이녀석은 재미있다"
グリーシは(うま)()って、小人(こども)たちを()いかけました。 그리시는 말을 타고 소인들을 쫓았습니다.
小人(こども)たちは海辺(うみべ)につくと、さけびました。 소인들은 바닷가에 닿자, 술렁거렸습니다.
()べ!」 "날아라!"
すると小人(こども)たちの(うま)は、まるで(はね)()えたかの(よう)(そら)()びました。 그러자 소인들의 말은 마치 날개가 난 것처럼 하늘을 날았습니다.
グリーシも、(おな)じようにさけびました。 그리시도 똑같이 쫄았습니다.
()べ!」 "날아라!"
(おな)じように(そら)()んだグリーシも、小人(こども)たちのあとを()いかけます。 마찬가지로 하늘을 날던 그리시도, 소인들의 뒤를 쫓아갑니다.
(そら)()んだ(うま)は、(うみ)(やま)もひとっ()びです。 하늘을 날던 말은 바다도 산도 모두 날았습니다.
(うし)ろからついてくるグリーシに()づいた小人(こども)たちは、(した)()えるお(しろ)がフランスの(おう)さまのお屋敷(やしき)だと(おし)えました。 뒤에서 따라오는 그리시를 알아낸 소인들은 아래쪽에 보이는 성이 프랑스의 왕들의 집이라고 가르쳤습니다.
「もう、こんなに(とお)くまで()てしまったのか!」 "이제, 이렇게 멀리까지 와버린건가!"
「いいか、グリーシ。おれたちについて()たからには、覚悟(かくご)()めてよく()け。おれたちはあそこから、お(ひめ)さまをさらうのさ!」 "좋아요? 그리시. 우리 따라온 거니까, 각오를 다지고 잘 들어"우리들은 저기서, 공주님을 빼앗는거야!
「ええっ!」 "네에!"
今日(きょう)は、結婚式(けっこんしき)だ。お(ひめ)さまは(きら)いな(おとこ)結婚(けっこん)させられるから、(かな)しんでいる。だから、(たす)けてやるんだ」 오늘은 결혼식이다.공주는 싫은 남자와 결혼시켜 슬퍼한다.그러니까 도와주는 거야.
人間(にんげん)()には小人(こども)(うま)()えないらしく、無事(ぶじ)にお(しろ)()()(こと)出来(でき)ました。 인간의 눈에는 소인도 보이지 않는 듯 무사히 성에 올라탈 수 있었습니다.
(なか)ではちょうど、結婚式(けっこんしき)最中(さいちゅう)です。 그중에서는 바로 결혼식 중이에요.
「わあ、きれいなお(ひめ)さま」 "아,예쁜 공주님"
グリーシはお(ひめ)さまをひと()()て、すっかり()きになってしまいました。 그리시는 공주님을 한번 보고는, 완전히 좋아하게 되었습니다.
そこで、 거기서,
「さらえ!」 "사라!"
と、()小人(こども)親分(おやぶん)(こえ)()くと、一番(いちばん)(さき)にお(ひめ)さまをさらいました。 하고 말하는 소인의 두목의 목소리를 들으니, 제일 먼저 공주를 받습니다.
(ひめ)さまをさらうと、(そら)()(うま)はアイルランドへ(もど)りました。 공주를 돌아보니, 하늘을 나는 말은 아일랜드로 돌아왔습니다.
とりでにつくと、グリーシは小人(こども)親分(おやぶん)にたずねました。 손잡이를 잡고는 그리시는 작은 부자에게 물었습니다.
「これから、お(ひめ)さまをどうするんだい?」 "앞으로, 공주님을 어떻게 할 거야?"
()まっている。おれのお(よめ)さんにするのだ」 정해져 있다.내 며느리로 하는 거다.
「なんだって!」 "뭐라고!"
小人(こども)たちは無理矢理(むりやり)結婚(けっこん)させられるお(ひめ)さまを(たす)けたのではなく、お(ひめ)さまを横取(よこど)りに()ったのです。 "소인들은 억지로 결혼하게 될 공주를 도운 게 아니라, 공주를 가로채러 갔습니다."
「そんな(こと)は、させるものか!」 "그런 일은 시키지 마!"
グリーシはとっさに、(むね)十字架(じゅうじか)をつき()しました。 그리시는 갑자기 가슴의 십자가를 내밀었습니다.
小人(こども)たちも悪魔(あくま)仲間(なかま)なので、十字架(じゅうじか)(だい)苦手(にがて)です。 소인들도 악마의 동료라서 십자가가 큰일을 못합니다.
「うー、(くる)しい。はやく()げないと!」 "아, 괴롭다. 빨리 도망가야지!"
小人(こども)たちは()()しましたが、その(とき)小人(こども)親分(おやぶん)はお(ひめ)さまの(あたま)をたたいて、のろいをかけたのです。 "소인들은 도망쳤는데, 그때 작은 어미들은 공주의 머리를 쳐서 느릿느릿하게 기댔다."
「ざまあみろ! お(ひめ)さまの(くち)をきけなくしてやったぞ!」 "자마미! 공주님의 입을 열지 못하게 해줬다!"
小人(こども)()った(とお)り、お(ひめ)さまは(くち)がきけなくなりました。 소인이 말한 대로, 공주는 말을 못하게 되었습니다.
大変(たいへん)だ。どうしたらいいのだろう?」 "힘들다.어떻게 하면 좋을까?"
(こま)ったグリーシは(くに)(ちゅう)医者(いしゃ)にお(ひめ)さまをみてもらいましたが、どの医者(いしゃ)にもお(ひめ)さまを(なお)すことは出来(でき)ませんでした。 곤란한 글리시는 전국의 의사에게 공주를 보았지만, 어느 의사도 공주를 고칠 수 없었습니다.

ある()、グリーシがとほうにくれてとりでの(うえ)(かんが)えていると、また小人(こども)たちの(こえ)()こえてきました。 어느날, 그리시가 편에 있어서 다른 위에서 생각하고 있는데, 또 소인들의 목소리가 들려왔습니다.
「グリーシのやつ、(くに)(ちゅう)医者(いしゃ)にお(ひめ)さまをみせているそうだ」 "그리쉬의 녀석, 전국의 의사에게 공주를 보인다고 한다"
「バカなやつだ。そんな(こと)をしてもむだなのに」 바보 같은 놈이다.그런 짓을 해도 소용없는데.
「そうそう、(なお)方法(ほうほう)は、たった(ひと)つしかないんだからな」 "그래 맞아, 고칠 방법은 단 하나밖에 없다니까."
「ああ、あいつの(いえ)()(くち)()えている(あお)(くさ)()めば、(いち)(はつ)(なお)るのにな」 아이고 저 녀석 집 초입에 나 있는 푸른 풀을 삼키면 단번에 낫는데.
「でも、そんな(こと)さえわからずに、まごまごしてるぞ」 "하지만 그런 줄도 모르고 우물쭈물한다."
「まったく、人間(にんげん)なんてバカぞろいだ」 "정말, 사람이라니 바보 같군."
「あっはっはっは」 "앗핫하"
そう()うと小人(こども)たちは、どこかへ()ってしまいました。 그러고 보니 소인들은 어디론가 가버렸어요.
「そうか! (いえ)(まえ)(あお)(くさ)を、()ませればいいのか」 그래? 집 앞의 푸른 풀을 먹이면 되나.
グリーシはさっそく(くさ)をせんじて、お(ひめ)さまに()ませました。 그리시는 즉시 풀을 베어 공주님께 먹였습니다.
するとお(ひめ)さまは、()んだように()てしまいました。 그러자 공주는 죽은 듯이 잠들어 버렸습니다.
本当(ほんとう)に、(こえ)()るようになるだろうか?」 "정말 목소리가 나오게 될까?"
グリーシは、心配(しんぱい)でたまりません。 그리시는 걱정이 태산같아요.
それから(なが)時間(じかん)がすぎて、朝日(あさひ)がお(ひめ)さまの(かお)にふりそそいだ(とき)、お(ひめ)さまの()()まして(くち)(うご)かしました。 그리고는 오랜 시간이 흐른 후, 아침해가 공주님의 얼굴을 가릴 때, 공주님의 눈을 떠 입을 움직였습니다.
「グ、リ、イ、シ・・・」 "그,리,이,시..."
(ひめ)さまの(くち)から、(こえ)()たのです。 공주님의 입에서 목소리가 나온 것입니다.
(こえ)()た! お(ひめ)さまの(こえ)()た!」 목소리가 나왔다! 공주님의 목소리가 나왔다!
(よろこ)ぶグリーシに、お(ひめ)さまはもう一度(いちど)(くち)(ひら)きました。 기뻐하시는 그리시에, 공주는 다시 한번 입을 열었습니다.
「グリーシ。わたしは、あなたが大好(だいす)きよ」 "그리시.나는 당신이 너무 좋아."
「お(ひめ)さま! よかった、本当(ほんとう)によかった!」 "공주님! 다행이다, 정말 다행이야!"
それから()(にん)結婚(けっこん)して、(しあわ)せに()らしました。

おしまい

그리고 두사람은 결혼하여 행복하게 살았습니다.끝

원본 : http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/../sonota/110.html