【現場から、】平成の記憶、児童ら10人死傷 京都亀岡暴走事故 > 일본 뉴스

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 뉴스

現場(げんば)から、】平成(へいせい)記憶(きおく)児童(じどう)ら10(にん)死傷(ししょう) 京都(きょうと)亀岡(かめおか)暴走(ぼうそう)事故(じこ)
[현장에서부터, 헤이세이 기억, 아동들 10명 사상 - 사설컬럼() 교토 가메오카 폭주 사고

페이지 정보

Artist TBS News i 댓글 0건 조회 1회 작성일 19-03-15 05:42

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 인쇄
  • Furigana
  • 목록

본문




 シリーズ「平成(へいせい)記憶(きおく)」です。7(ねん)(まえ)京都(きょうと)()亀岡(かめおか)()小学生(しょうがくせい)集団(しゅうだん)登校(とうこう)(れつ)暴走(ぼうそう)した(くるま)()()み、児童(じどう)ら10(にん)死傷(ししょう)しました。(いのち)大切(たいせつ)さを(つた)(つづ)ける遺族(いぞく)()()みが(ひろ)がりを()(はじ)めています。
 시리즈 "헤세이(平成)의 기억"입니다.7년전, 쿄토부 카메오카시에서 초등 학생의 집단 등교열에 폭주한 차가 돌진해, 아동들 10명이 사상했습니다.생명의 소중함을 계속 전하는 유족의 대처가 확대를 보이기 시작하고 있습니다.




 平成(へいせい)24(ねん)(2012(ねん)4月(しがつ)23(にち)(あさ)現場(げんば)京都(きょうと)()亀岡(かめおか)()でした。
 헤세이 24년(2012년) 4월 23일의 아침, 현장은 쿄토부 카메오카시였습니다.

 「現場(げんば)道路(どうろ)(ゆる)やかな(ひだり)カーブになっています。ちょうどこの道路(どうろ)歩道(ほどう)を、集団(しゅうだん)登校(とうこう)()どもたちは(ある)いていました。そして、その()どもたちの背後(はいご)から(くるま)がやって()て、次々(つぎつぎ)とはね()ばしたのです」(記者(きしゃ)
 현장 도로는 완만한 왼쪽 커브예요.마침 이 도로의 보도를, 집단 등교 아이들은 걷고 있었습니다.그리고 그 아이들의 등 뒤에서 차가 찾아와 차례로 날렸어요.(기자)




 事故(じこ)原因(げんいん)は、()免許(めんきょ)少年(しょうねん)当時(とうじ)18)による居眠(いねむ)運転(うんてん)でした。妊婦(にんぷ)児童(じどう)の3(にん)死亡(しぼう)、7(にん)重軽傷(じゅうけいしょう)()いました。
 사고의 원인은, 무면허의 소년(당시 18)에 의한 졸음운전이었습니다.임신부와 아동의 3명이 사망하고 7명이 중경상을 입었습니다.




 小谷(おたに)(しん)(いとぐち)ちゃん(当時(とうじ)7)。映像(えいぞう)事故(じこ)の1(ねん)(まえ)入学(にゅうがく)(しき)(はじ)めて通学(つうがく)()(ある)いた()でした。
 코타니 마오 (당시 7) 영상은 사고의 1년 전 입학식, 처음으로 통학로를 걸었던 날이었어요.




 父親(ちちおや)真樹(まき)さん(36)は、現場(げんば)()()わせることに抵抗(ていこう)があります。
 부친 마키씨(36)는, 현장에서 손을 맞추는 것에 저항이 있습니다.

 「(()()わせると(しん)(いとぐち)が)ほかに()ってしまったという感覚(かんかく)(つね)一緒(いっしょ)()きてるっていう(おも)いでずっといるので」(小谷(おたに)真樹(まさき)さん)
 "(손을 맞추면 마오가) 다른 곳으로 가 버렸다고 하는 감각. 항상 함께 살고 있다는 생각으로 계속 있기 때문에"(코타니 마키씨)




 ()(いとぐち)ちゃんは(さん)(にん)姉妹(しまい)次女(じじょ)(あか)るい性格(せいかく)で、いつも家族(かぞく)(わら)わせてくれる存在(そんざい)でした。食卓(しょくたく)には、(いま)でも()(いとぐち)ちゃんの(ぶん)のご(はん)(なら)びます。
 마오는 삼자매의 둘째 딸. 밝은 성격으로 언제나 가족을 웃게 해주는 존재였습니다.식탁에는 지금도 마오의 몫의 밥이 진열되어 있습니다.




 事故(じこ)()小谷(おたに)さんはこのことを風化(ふうか)させたくないと、(みずか)らの(おも)いを(つつ)(かく)さず(はな)活動(かつどう)(はじ)めました。
 사고 후, 코타니씨는 이 일을 풍화시키고 싶지 않으면, 스스로의 생각을 숨김없이 이야기하는 활동을 시작했습니다.

 「ボロボロになりながら救命(きゅうめい)とはいえ、(からだ)(きず)つけられている()(いとぐち)姿(すがた)()(くる)しさの葛藤(かっとう)(すえ)(わたし)延命(えんめい)治療(ちりょう)停止(ていし)医師(いし)()げました。(くる)しんでいる()(いとぐち)に、(なに)もできなかった自分(じぶん)がした(こと)は、()(いとぐち)()時間(じかん)()めてしまった(こと)でした」(小谷(おたに)真樹(まさき)さん)
 너덜너덜하면서 구명이지만 몸에 상처받는 진서의 모습을 보는 괴로움의 갈등 끝에 나는 연명치료의 중단을 의사에게 고했습니다.괴로워하는 실로, 아무것도 할 수 없었던 자신이 한 일은, 마오의 죽음의 시간을 결정해 버린 것이었습니다"(코타니 마키씨)




 小谷(おたに)さんが30(かい)()えた講演(こうえん)(かい)(なか)で、(かなら)(はな)すのは、()(いとぐち)ちゃんと()わした最後(さいご)会話(かいわ)についてです。
 코타니씨가 30회를 넘은 강연회 중에서, 반드시 이야기하는 것은, 마오와 주고받은 마지막 회화에 대해서입니다.

 「(あめ)()るんやったら、この(あたら)しい(くつ)()いていかへんわ。明日(あした)から()くわ。いってきまーす。そして()(いとぐち)は、事件(じけん)前日(ぜんじつ)()った(あたら)しい(くつ)(いち)()()くことができないまま、この()()りました」(小谷(おたに)真樹(まさき)さん)
 비내리니 이 새 구두 신으면 안돼.내일부터 신어요. 다녀오겠습니다. 그리고 마오는 사건 전날 산 새 구두를 한 번도 신지 못한 채 세상을 떠났어요.(오야 마키 씨)




 (いのち)大切(たいせつ)さを()どもたちにも(かた)()ぐため、このエピソードを()いた大学生(だいがくせい)紙芝居(かみしばい)にしました。タイトルは、「まおちゃんの(あたら)しい(くつ)」です。その紙芝居(かみしばい)先週(せんしゅう)()(いとぐち)ちゃんが(かよ)っていた小学校(しょうがっこう)(はじ)めて披露(ひろう)されました。
 생명의 소중함을 아이들에게도 구전하기 위해, 이 에피소드를 들은 대학생이 종이 연극으로 했습니다.제목은 마오의 새 구두입니다.그 종이 연극이 지난주에 마오가 다니던 초등학교에서 처음 선보였습니다.

 「しばらくしてお(とう)さんは、まおちゃんの(こと)(いろ)んな(ひと)にお(はな)しするようになりました。自分(じぶん)(いのち)()(ひと)(いのち)大切(たいせつ)にしてほしいという気持(きも)ちを、たくさんの(ひと)(つた)えたくなったからです。まおちゃんも(おな)気持(きも)ち。お(そら)から『お(とう)さんありがとう』て()いながら、きょうもお(とう)さんに()ってもらった(あたら)しい(くつ)()いて、にっこり(わら)いながら()ています」
 얼마 후에 아버지는 마오에게 이야기를 많이 하게 되었습니다.자신의 목숨도, 다른 사람의 목숨도 소중히 해달라는 마음을 많은 사람에게 전하고 싶었기 때문입니다.마오도 같은 마음.하늘에서 아버지 고맙다고 하시면서 오늘 아버지가 사신 새 구두를 신고 환하게 웃으며 보고 있습니다.




 「友達(ともだち)ともっと()()いたかったと(おも)うから、かわいそうだと(おも)った」(小学(しょうがく)年生(ねんせい)
 "친구와 더 접촉하고 싶다고 생각하니까, 불쌍하다고 생각했다"(초등학교 4학년)

 「(いのち)はなくしたら、もう一度(いちど)(かえ)ってこないから、(いのち)はすごく大切(たいせつ)なものなんだと(かん)じました」(小学(しょうがく)年生(ねんせい)
 목숨이 없어지면 다시 돌아오지 않을 테니 목숨은 아주 소중하다고 느꼈죠.(초등학교 4학년)




 「いろんなその場所(ばしょ)にあった(通学(つうがく)()事故(じこ)防止(ぼうし)の)対策(たいさく)がいっぱいあると(おも)ってます。みんな一緒(いっしょ)になって、通学(つうがく)()であるなら、()どもたちの(いのち)(まも)っていける対策(たいさく)()ってほしいですね」(小谷(おたに)真樹(まさき)さん)
 "여러 가지 그 장소에 있던(통학로 사고 방지의) 대책이 많이 있다고 생각합니다.모두 함께 통학로라면, 아이들의 생명을 지켜 갈 수 있는 대책은 취했으면 합니다"(코타니 마키씨)

(15(にち)11:44)
(15일 11:44)




원본:

 シリーズ「平成の記憶」です。7年前、京都府亀岡市で小学生の集団登校の列に暴走した車が突っ込み、児童ら10人が死傷しました。命の大切さを伝え続ける遺族の取り組みが広がりを見せ始めています。  平成24年(2012年)4月23日の朝、現場は京都府亀岡市でした。  「現場の道路は緩やかな左カーブになっています。ちょうどこの道路の歩道を、集団登校の子どもたちは歩いていました。そして、その子どもたちの背後から車がやって来て、次々とはね飛ばしたのです」(記者)  事故の原因は、無免許の少年(当時18)による居眠り運転でした。妊婦や児童の3人が死亡、7人が重軽傷を負いました。  小谷真緒ちゃん(当時7)。映像は事故の1年前の入学式、初めて通学路を歩いた日でした。  父親の真樹さん(36)は、現場で手を合わせることに抵抗があります。  「(手を合わせると真緒が)ほかに行ってしまったという感覚。常に一緒に生きてるっていう思いでずっといるので」(小谷真樹さん)  真緒ちゃんは三人姉妹の次女。明るい性格で、いつも家族を笑わせてくれる存在でした。食卓には、今でも真緒ちゃんの分のご飯が並びます。  事故後、小谷さんはこのことを風化させたくないと、自らの思いを包み隠さず話す活動を始めました。  「ボロボロになりながら救命とはいえ、体を傷つけられている真緒の姿を見る苦しさの葛藤の末、私は延命治療の停止を医師に告げました。苦しんでいる真緒に、何もできなかった自分がした事は、真緒の死の時間を決めてしまった事でした」(小谷真樹さん)  小谷さんが30回を超えた講演会の中で、必ず話すのは、真緒ちゃんと交わした最後の会話についてです。  「雨降るんやったら、この新しい靴履いていかへんわ。明日から履くわ。いってきまーす。そして真緒は、事件前日に買った新しい靴を一度も履くことができないまま、この世を去りました」(小谷真樹さん)  命の大切さを子どもたちにも語り継ぐため、このエピソードを聞いた大学生が紙芝居にしました。タイトルは、「まおちゃんの新しい靴」です。その紙芝居が先週、真緒ちゃんが通っていた小学校で初めて披露されました。  「しばらくしてお父さんは、まおちゃんの事を色んな人にお話しするようになりました。自分の命も他の人の命も大切にしてほしいという気持ちを、たくさんの人に伝えたくなったからです。まおちゃんも同じ気持ち。お空から『お父さんありがとう』て言いながら、きょうもお父さんに買ってもらった新しい靴を履いて、にっこり笑いながら見ています」  「友達ともっと触れ合いたかったと思うから、かわいそうだと思った」(小学4年生)  「命はなくしたら、もう一度は返ってこないから、命はすごく大切なものなんだと感じました」(小学4年生)  「いろんなその場所にあった(通学路事故防止の)対策がいっぱいあると思ってます。みんな一緒になって、通学路であるなら、子どもたちの命を守っていける対策は取ってほしいですね」(小谷真樹さん) (15日11:44)
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 41,088건 1 페이지
일본 뉴스 목록
출처 제목 조회 추천 날짜
日テレNEWS24 0 0 2019-05-22 07:54:00
TBS News i 0 0 2019-05-22 07:38:00
テレ朝 news 0 0 2019-05-22 07:28:00
TBS News i 1 0 2019-05-22 06:33:00
Fuji News Network 0 0 2019-05-22 06:25:00
Fuji News Network 0 0 2019-05-22 06:23:00
Fuji News Network 0 0 2019-05-22 06:21:00
Fuji News Network 0 0 2019-05-22 06:16:00
Fuji News Network 0 0 2019-05-22 06:13:00
Fuji News Network 0 0 2019-05-22 06:10:00
TBS News i 1 0 2019-05-22 06:06:00
TBS News i 1 0 2019-05-22 06:05:00
TBS News i 1 0 2019-05-22 06:04:00
TBS News i 1 0 2019-05-22 06:03:00
テレ朝 news 0 0 2019-05-22 05:58:00
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
189
어제
839
최대
839
전체
17,372

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.