日銀(にちぎん)金融(きんゆう)政策(せいさく)決定(けってい)会合(かいごう)(だい)規模(きぼ)緩和(かんわ)維持(いじ)一部(いちぶ)判断(はんだん)()()

일본은행 금융정책결정회의 대규모 완화 유지도 일부 판단

 日本銀行(にっぽんぎんこう)は、15(にち)までの金融(きんゆう)政策(せいさく)決定(けってい)会合(かいごう)で、現在(げんざい)(だい)規模(きぼ)金融(きんゆう)緩和(かんわ)(さく)維持(いじ)することを()めました。一方(いっぽう)国内(こくない)景気(けいき)判断(はんだん)については、前回(ぜんかい)よりも慎重(しんちょう)見方(みかた)(しめ)しています。  일본은행은 15일까지의 금융정책결정회의에서 현재의 대규모 금융완화책을 유지하기로 했습니다.한편, 국내의 경기의 판단에 대해서는, 전회보다 신중한 견해를 나타내고 있습니다.  日銀(にちぎん)は15(にち)まで2日間(にちかん)(ひら)いた金融(きんゆう)政策(せいさく)決定(けってい)会合(かいごう)で、短期(たんき)金利(きんり)をマイナス0.1%に、長期(ちょうき)金利(きんり)を0%程度(ていど)誘導(ゆうどう)することを(はしら)とする現在(げんざい)(だい)規模(きぼ)金融(きんゆう)緩和(かんわ)(さく)維持(いじ)することを賛成(さんせい)多数(たすう)()めました。  일본은행은 15일까지 이틀간 열린 금융정책결정회의에서 단기금리를 -0.1%로, 장기금리를 0%포인트 정도로 유도하는 것을 주요 내용으로 하는 현재의 대규모 금융완화책을 유지할 것을 찬성으로 결정했다.  一方(いっぽう)で、前回(ぜんかい)会合(かいごう)で、「増加(ぞうか)基調(きちょう)にある」としていた「輸出(ゆしゅつ)」と「鉱工業(こうこうぎょう)生産(せいさん)」について、「(あし)もとでは(よわ)めの(うご)きとなっている」と、判断(はんだん)()()げました。「海外(かいがい)経済(けいざい)」についても、「減速(げんそく)(うご)きがみられる」としたうえで、前回(ぜんかい)の「着実(ちゃくじつ)成長(せいちょう)(つづ)いている」から「(ゆる)やかに成長(せいちょう)している」と、慎重(しんちょう)判断(はんだん)へと修正(しゅうせい)しています。(15(にち)12:53)  한편, 전회의 회합에서, "증가 기조에 있다"라고 하고 있던 "수출"과"광공업 생산"에 대해서, "발밑에서는 약한 움직임이 되고 있다"라고, 판단을 인하했습니다."해외 경제"에 대해서도, "감속 움직임이 보인다"라고 해, 전회의 "착실한 성장이 계속 되고 있다"로부터 "완만하게 성장하고 있다"라고, 신중한 판단으로 수정하고 있습니다(15일 12:53).