金融(きんゆう)緩和(かんわ)(さく)の「現状(げんじょう)維持(いじ)決定(けってい) 景気(けいき)判断(はんだん)下方(かほう)修正(しゅうせい)

경기판단 하향 조정

 日銀(にちぎん)は15(にち)金融(きんゆう)政策(せいさく)決定(けってい)会合(かいごう)で、(だい)規模(きぼ)金融(きんゆう)緩和(かんわ)(さく)の「現状(げんじょう)維持(いじ)」を()めました。生産(せいさん)輸出(ゆしゅつ)個別(こべつ)景気(けいき)判断(はんだん)(かん)しては下方(かほう)修正(しゅうせい)しました。  일본은행은 15일의 금융정책 결정 회합에서, 대규모 금융완화책의 "현상 유지"를 결정했습니다.생산·수출의 개별의 경기 판단에 관해서는 하향 조정했습니다.  日銀(にちぎん)目標(もくひょう)としている物価(ぶっか)上昇(じょうしょう)(りつ)2%の達成(たっせい)はまだ(とお)いとして、短期(たんき)金利(きんり)をマイナス0.1%、長期(ちょうき)金利(きんり)を0%程度(ていど)(おさ)える現行(げんこう)(だい)規模(きぼ)金融(きんゆう)緩和(かんわ)(さく)現状(げんじょう)維持(いじ)賛成(さんせい)多数(たすう)()めました。一方(いっぽう)で、景気(けいき)総括(そうかつ)判断(はんだん)について「(ゆる)やかに拡大(かくだい)している」と()()いたものの、海外(かいがい)経済(けいざい)減速(げんそく)背景(はいけい)輸出(ゆしゅつ)現状(げんじょう)判断(はんだん)従来(じゅうらい)の「増加(ぞうか)基調(きちょう)にある」から「足元(あしもと)では(よわ)めの(うご)きとなっている」に、生産(せいさん)は「増加(ぞうか)基調(きちょう)」から「足元(あしもと)では(よわ)めの(うご)きとなっているが、(ゆる)やかな増加(ぞうか)基調(きちょう)にある」にそれぞれ()()げました。  일본은행은 목표로 하고 있는 물가상승률 2%의 달성은 아직 멀다고 해서 단기금리를 -0.1%, 장기금리를 0% 정도로 억제하는 현행 대규모 금융완화책의 현상 유지를 찬성 다수로 정했습니다. 반면 경기총괄판단에 대해 "완만하게 확대하고 있다"고 동결했지만 해외경제 둔화를 배경으로 수출현황 판단을 기존의 "증가 기조에 있다"에서 "발밑에서는 약화의 움직임이 되고 있다"고 보고, 생산은 "증가 기조"고 밝혔다.