東京(とうきょう)オリ・パラ “サポート”ロボット発表(はっぴょう)

도쿄 오리 팔라 지원 로봇 발표

来年(らいねん)(せま)った東京(とうきょう)オリンピック・パラリンピックで、ロボットが活用(かつよう)されることが発表(はっぴょう)された。 내년을 앞둔 도쿄 올림픽 패럴림픽에서 로봇이 활용될 것으로 발표됐다. 15(にち)大会(たいかい)組織(そしき)委員(いいん)(かい)発表(はっぴょう)したのは、来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピック・パラリンピックで活用(かつよう)するロボット。このロボットは自分(じぶん)(うご)くことができ、モノをつかんで()()げることもできる。(しん)国立(こくりつ)競技(きょうぎ)(じょう)に16(だい)導入(どうにゅう)され、(くるま)いすの観客(かんきゃく)をサポートする。 15일 대회조직위원회가 발표한 것은 내년 도쿄올림픽 장애인올림픽에서 활용하는 로봇. 이 로봇은 스스로 움직일 수 있고 물건을 집어 들 수도 있다.신국립경기장에 16대가 도입돼 휠체어 관객을 지원한다. また、パワーアシストスーツは、およそ20(だい)運営(うんえい)スタッフに導入(どうにゅう)され、作業(さぎょう)負担(ふたん)()らす。 또 파워 어시스트 정장은 20여 대가 운영진에 도입돼 작업 부담을 덜게 된다. 組織(そしき)委員(いいん)(かい)は、東京(とうきょう)大会(たいかい)を「史上(しじょう)(もっと)もイノベーティブ」な大会(たいかい)にするとしていて、ほかのロボットの導入(どうにゅう)検討(けんとう)していくという。 조직위원회는, 도쿄 대회를 "사상 가장 이노베이티브"인 대회로 한다고 하고 있어 다른 로봇의 도입도 검토해 간다고 한다.